メニュー 閉じる

絵本×仕事術「根っこが教えてくれること」

ウーヴルの裏にある小さな庭に、
大きな薔薇の花が咲きました。

かなり前に、家族がお祝いにいただいた花束の一本を植えて
大きくなった薔薇に思う事。

切り花だったのに、ちゃんと根がつくのですね。
それだけでない、ちゃんと、切り花と同じ紫の花が咲く。

根は、地下にあって見えないけれど、
その姿は、幹、枝、葉、花、果実となって見ることができます。
その二つは、同一のもの。
リンゴの根に、柿はならないし、
菊の根に、薔薇は咲かないのです。

その「根」の意味を、見せてくれてます。
咲いてくれて嬉しい。ありがとう。

そして、その根っこを思う一冊の絵本。
この哲学を、幼い時から考えることができるなんて、
なんて、すてきなんでしょう。

根っこのこどもたち目をさます
作: ヘレン・ディーン・フィッシュ
絵: ジビレ・フォン・オルファース
訳: 石井 桃子
出版社: 童話館出版

この本は、

高野登さんの品格を磨く の書籍や

西田文朗さんの天運の法則 の書籍から

意味を知ることができます。

絵本に学ぶ仕事術ご一緒しませんか?

 

 

Posted in コラム , 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事