メニュー 閉じる

対話の練習はいつから?~Instagramに寄せて~

Instagramの「絵本の知恵をポケットに入れて~」から
お届けします。

絵本に学ぶ仕事術は、

 

業務改善の中から生まれました。

働く人の知恵の中から生まれました。

2020年、私たちの暮らし方を変えるパンデミックが起こり、

私たちを取り巻くあらゆることが変わっていきました。

時代が求めるように、新しい視点で私たちの仕事も変化をします。

全てにおいて、これまでと同じことはできなくなりました。

しかし、変えてはいけないものもあります。

 

それが、企業理念。

どうあるべきか!を変える時は少し先になりそうですが、

核となる思い。

 

この軸をぶらさないように、

仕事を変化させていく。

その業務改善の現場から生まれましたプログラムです。

 

例え、似た課題をもっていても、

理念が違うから、改善策が違います。

 

さらに、不思議なことに、

同じ改善策でも、プロセスが違います。

 

同じようなことはできても、

同じことはできません。

 

だから、

いい話を聞いたなと思っても、それが自社に生かされるとは限らない。

 

ってことなんです。

 

自社に生かしていくためには、いい改善策を見つけたい。

いい改善策を模索するために、対話する。

しかし、上手に意見が言えないのが現実。

「間違ったら?」

「笑われたら?」
「嫌われたら?」

「叱られたら?」
「傷つけたら?」

いろんな思いが交錯して、
なかなか本音を言えない時もあるし、
それができないと思い込んでいる人もいる。
実際やってみたらけんかになっちゃう。

だから対話の練習。

その練習、あなたのチームではいつから始めます?

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事