メニュー 閉じる

使われる言葉がかわってくる

ES/ CS業務改善アドバイザーとして
私たちのミッションである「企業様の伴走者」役を
顧問という形でお仕事させていただいています。

しかし、同じ顧問というスタイルはございません。
いろんな関わり方と、ご提案があります。

一社一社全く違います。
それは、理念が違いますし、
ビジョンが違います。
その会社の社風も違いますし、
社員様の個性も違います。
取り組み方、考え方が違いますから、

私たちもお手伝いの仕方が変わります。

その中で、いくつかの会社に導入しているのが、
繰り返し使う言語を変えるための
ディライトカード

これは、プログラムのいい仕事カードのことです。

繰り返してつかわれていう言葉を変える。。
でも、必ず変わるのです。

つい最近も、しみじみ感じながらディライトカードを作り直した企業様があります。

最初は、なかなか伝わらなかった言葉、考え方が
今は当たり前になりつつある!と感じた瞬間でした。

毎月訪問させていただいていても、
その時々は見えにくいもの。
大なり小なりの課題もあり、弱気になることもあったりしましたが、

ああ、成長されていらっしゃる!なんてすばらしいんだろうと感じた瞬間。

これこそ、講師冥利につきることでした。

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事