メニュー 閉じる

個がたいせつ by 小澤征爾さん

2018年10月27日
今日の一冊
~絵本に学ぶ仕事術®
「個がたいせつ」

昨晩、news zero「世界のオザワ”再び舞台へ~小澤征爾×有働由美子」の中で、

小澤さんが話されていました。
「個」が大切というメッセージ。
 
個がちゃんとしてる人が集まって、
一つのことをやるから味が出る
 
有働さんやミッツさんのいる世界の人が考えられた「個」には、また違う深さを感じましたが、
お話を聞きながら思ったこと・・・
この絵本のように、
全員、磨き上げた腕をもった「個」の集まりだからこそ、
オーケストラに味がでる。
一人一人の違いが大きいほど、面白くなる。
つまり、共創には、無理やり同質である必要がないし、多様で違いがあったほうが、一つのことを取り組むときに「味が出る」んですから~と聞こえました。
 
それは、「日本人じゃなくて、地球人になるべき」の言葉にもあるように、地球語で対話をしなくちゃ。
その地球語になれる一冊が、大好きなこの絵本かな~

対談の最後に紹介された直筆の色紙。
「個をたいせつに。おたがいに。」
そして、個は、ちゃんとした個がいいんです。
ちゃんとした個ですと言えるように
自分の個を磨き、磨かれた相手の個もたいせつに。ってことかな・・・と。
ぼ~~~っと生きてちゃ、だめだわ~。
母の夢(Facebookでご紹介しております)のように、
いくつになっても、挑戦しなきゃ。

っということで、まずは、書類の整理に勤しんでおります。

 

今日もキラキラのいいお天気です。

 

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事