メニュー 閉じる

決意をした時

2012年、確か、11月ころだったか、
正確に、いつ購入したのかは覚えていないけれど、

九州寺子屋百年塾塾長であり、
尊敬する師匠、高野登さんが、
塾でお話されたことを機会に読んだ一冊。
そして、付箋をいっぱいつけて
(当時は表に見えるように付箋がはってありました)
あれこれ、書き綴りながら読んだ一冊。

それが、高野さんが尊敬するとおっしゃるフランシス・ヘッセルバインさんの
「リーダーの使命とは何か」です。

おりしも、大阪の人と書を編む百年塾の課題図書になっている一冊。
行きたくても、都合上今回は参加できないと思って、
ひそかに、事務所で本を改めて開いてみました。

と、そこに飛び込んできたのが、

この決意表明。

 

組織の中で「私も大きな存在の一部だ」と思えるように!!
一人一人に自信をもたせる。

これは、そんな仕事をする会社になるんだ!」

と、より明確になった瞬間であり、決意した表明文です。
忘れているわけではないけれど、
この本には、そのような原点があったのだと、
なんだか、目が覚めた思いです。

それは、不器用なわが子への最大の母の愛のつもりだから。。。。
一生懸命働く人がキラキラできる社会をつくる、一助になる。
やるべきことを、こつこつと!ですよ!ですよ!!

さ、行ってまいります。

 

 

 

 

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事