メニュー 閉じる

現在書林:書斎の鍵

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞受賞のニュースに、
書店が忙しくなるだろうな・・・・と、想いながら、

今日は一日書棚の片づけです。

私は、やっぱり、本は紙が好き。
絵本も含めると、やっぱりちゃんと買ってそばに置いておきたい派です。

読んた本の背表紙をみて「これは・・」と、思い出す・・・この繰り返しが、思考を創る・・・と書かれてある一冊に出会いました。

ここに、

出会った本の中でも、勇気をもらった、明るくなった、気付きがあった、心が楽になったなどの、心に残った本が10冊あると立派な書斎となる。書斎は「心の汚れ」を洗い流す場所。とあります。

 

一日生きると身体は汚れる
一日生きると心も汚れる

10冊の書斎は「心の洗面所」
100冊だと「心のシャワールーム」
1000冊あると「心のお風呂」

心をきれいにすることができることや、

この自分の書斎で本に囲まれ、本の文字が言葉になって体中にあふれる時間を習慣にする人と、そうでない人とは・・・・

なんてことが書かれてある一冊でした!

なので、本を読み、本に囲まれる楽しさが倍になるようにと、今日は、書棚を片付けました~~!

ちゃんちゃん♪♪

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事