メニュー 閉じる

共感は一人ではできない。相手がいてこそ。

共感は一人ではできない。相手がいてこそ。

 

 

地元の信用金庫さん主催のビジネスフェアに初参加させていただきました。

ビジネスマッチングとセミナー。
「つなぐ、つながる」をテーマに、

担当の行員さんが、企業を紹介してくださいます。
この親切丁寧さは心地よいものがありました。

その中のメインイベントとして

アイドルグループ「HKT48」元メンバーの菅本裕子(ゆうすこ)さんの講演。
今や、モテクリエーターとして活動、年商2億を出す実業家です。

ラベリングしていた自分に気づき、
深堀は大切と気づき、
苦手なSNSとは何か?を知り、
一言でいうと、参加してよかった!!の満足感。

そのゆうこすさんの講演は、私にはとても衝撃的でした。
まず、講演前の会場を温めるアイスブレイクの姿勢。
コミュニケーション力の高さには感心しました!そして、
来場者のための講演をしようとしていることが伝わってきます。

次に、学ぶの深堀。一方向に掘っていく大切さ。
いわば、一心不乱に目の前にきたことを極めていく・・その姿勢。

そして、SNSって、書けばいいんじゃない。(大いに反省。研究なんてしたことなかった)
戦略とは何か!を見た感じがしました。

さらに、仕事には、対象者がいるってこと。
誰に向けているのかを明確にすることで「今だけ、ここだけ、あなただけ」が求める必要な情報提供ができるってこと。

当たり前のことばかりですが、
こうして、振り返ることがとっても大切ですよね。

スタッフの報告書からも、みなさまのお仕事に役立ちそうなこともいくつかありますので、
徐々にお知らせしたいと思います。

その彼女の言葉から、印象に残ったワード

無人島で一人祭り
共感したくなる情報
#タグという橋
人は応援したい

これは、もちろんSNSのワードなのですが、
このすべては働く職場に直結していて、
これも一言でいうと、

「相手に必要なことを届ける」

ということだよな~と聞きました。

 

今、目の前のお客様が欲していることは何か、
今、目の前で困っている社員が必要としている支援は何か、
それを知るために
やっぱりあれこれコミュニケーションのやり方を試しながら、
自社の魅力は、
私の仕事は、
の引き出しを磨いていくことだと
24歳の彼女に言われたような気がした講演会でした。

やっぱり、何度でも何度でも、チームで声を合わせる必要がありそうです!

誰に向けた仕事か!この視点大事です。

仕事とは、共感の上に成り立つ!

ですね。

ゆうこすさん、楽しかったです☆

 

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事