メニュー 閉じる

企業によって答えが違うプログラム

IMG_0796

 

「絵本がいいのです」

丁度、チームビルディングにと模索なさっている時に総支配人と出会い、その後、ウーヴルの絵本に学ぶ仕事術のHPを経て、研修ご依頼をいただいたのが昨年。幹部のみなさまの研修と伺って、絵本でいいのですか?とお尋ねした時にお答え下さったのが
「絵本がいいのです」という言葉でした。
主体的に仕事に取り組む為に、相手を思い測れる心のトレーニングの一つとして、選んでいただいたこと嬉しく感謝です。
新しい風を起こしていこうと、変化を恐れず挑戦するTOPの判断。
それに応えたい!と、選りすぐった6冊からトレーニングでは、幹部のみなさまの本気が伝わってきました。

今年は、数年前から準備してきたこのプログラム(キラキラ社員のプログラムといいます)のデビューの年。
絵本のセレクトから始まる絵本とは思えない仕事に役立つ学びを体感して頂くことができて、本当によいスタートとなりました。わかりやすい中に、しっかりとした到達点がある絵本の魅力をお伝えできたのではないかと思います。一部の有名な絵本だけでなく、これもあれも・・・と、ビジネス書や哲学書に準ずるものだと広まっていくと思います。
ただ・・このプログラム、
各社で結論が同じだったことがありません。
なぜかというと、
それぞれが感じている課題から考えていくからです。
それほどに、共通している絵本の内容!
素晴らしいと、毎回感動します。

そして、今朝、
「私たちの組織で「学び」のカルチャーを根付かせていく第一歩になりましたことを感謝いたします。」と、メッセージをいただきました。きっと社内で浸透してくださり、継続して用いてくださるとワクワクです。

「企業に文化を!」についての本も3冊用意していましたが、
そちらもいつかきっと!と思いました。

 

IMG_6272

Posted in 今日もキラキラでいこう! ウーヴル代表三宅美穂子のブログ

おすすめの記事